So-net無料ブログ作成
Photoshop ブログトップ

Mac miniが届く。 [Photoshop]

mac_mini_201211.jpg
今月からメインPCとなるMac miniが届きました。

5年間活躍してくれたMac Book ProはこれからサブPCとなります。

おつかれさまでした。

ikoo_a_i.jpg
「移行アシスタント」


time_machine_i.jpg
「Time Machine」


まず、Mac Book ProのデータをまるごとMac miniに移行します。
Mac Book ProのTime Machine用に設定していたハードディスクをMac miniとUSBで繋ぎ「移行アシスタント」を実行します。
これで、Mac miniでも昨日まで使っていたMac Book Proと変わりなく作業できるようになりました。
約70GBのデータの移行には1時間ほどかかりました。

移行は無事終了したのですが、どうもPhotoshop CS6は再インストールしないと使えないらしい。
だけど、Mac miniには光学ドライブが無い!
何か方法はないかと、ネットで検索したら「Mac Book Pro」>「システム環境設定」>「共有」>DVD・CD共有の機能を使えばMac Book Proの光学ドライブを利用してLANでMac miniにインストールする方法を知る事ができ、PhotoshopCS6も無事使えるようになりました。(^_^)

kyouyuu_i.jpg
「共有」

今回モバイルルーター経由でPhotoshop CS6を再インストールしたのですが、
当然、有線LANより時間がかかります。(・_・;) 
外付けの光学ドライブを付ける手もあるけど‥‥
今度は、イーサーネットのクロスケーブルを繋いで試してみようと思います。








.
タグ:Mac mini
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

フォトレタッチ/色域指定(Photoshop CS4) [Photoshop]

mobara_p_rts01.jpg
ここは弁財天が祭られている千葉県にある茂原公園のお堂です。
公園内の丘の上にある休憩所から俯瞰で撮った写真なんだけど欄干が色あせているし手前の電柱も見苦しいですよね。
そこで、見ばえを良くする為に加工した「 ウソの写真 」 (^_^;) をPhotoshop でつくりたいと思います。



shikiiki01.jpg
Photoshop メニューバーの「選択範囲」>「色域指定」で色あせた欄干の部分を抽出し選択範囲を作成します。






mobara_p_rts02.jpg
次にPhotoshop メニューバーの「イメージ」>「色調補正」>「色相・彩度」と「チャンネルミキサー」で欄干が紅くなるように調整します。







Photoshop _stamp_t2012_01.jpg
次に手前の電柱と電線が見苦しいので「スタンプツール」使って消去していきます。






Photoshop _stamp_t2012_02.jpg
こんな感じで電線を消してゆきます。
「スタンプツール」は周辺の地色を記憶してそれを消したい物の上にスタンプして隠していく作業になります。






mobara_p_rts03.jpg
完成したフォトレタッチ後の写真です。
このようにPhotoshop は誰でも簡単に写真を加工できます。(^.^)








レタッチ前とレタッチ後の比較するとこんな感じです。
mobara_p_rts01.gif












nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

HDR画像をつくる(Photoshop CS4) [Photoshop]

hdr1109_image.jpg

Photoshop で作成したHDR画像をShade12の背景に配置してレンダリングしてみました。
球体表面の反射率を高くして背景が映り込むように設定してます。
                                             










まず、HDR画像をつくるために露出の異なった3枚以上の写真を撮ります。
写真のファイル名はローマ字で保存します。

+2.jpg
Camera_W63CA
明るめの写真 


0.jpg
基準となる明るさの写真


_2.jpg
暗めの写真




Photoshop _hdr1109.jpg

Photoshop の「ファイル」>「自動処理」>「HDRに統合」で3枚の写真を選択します。

adobeの「従来のデジタルカメラを使用して 32 bit HDR 画像を作成」で詳しく説明されてます。
http://www.adobe.com/jp/designcenter/photoshop/articles/phscs2tthdrmrg/phscs2tthdrmrg.pdf


最近は、HDR画像を撮れるコンパクトデジカメも発売されてるがシロのデジカメはFinePiX1200だ。
めちゃくちゃ古い機種で画素数は130万しかない。Webカメラ並みだ。
ケイタイのW63CAのカメラは800万画素なので今ではFinePiX1200の出番はほとんどない。
W63CAにもパノラマ写真を取る機能はついてないし‥
やっぱり、3DCG用の背景をつくるためには新しいデジカメが必要なのかな。







タグ:Photoshop
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

地震に備えて(イラスト) Photoshop CS4 [Photoshop]

トイレ.jpg

トイレの中は柱と壁の間隔が狭いので比較的安全な場所だけど地震の揺れでドアがゆがみ閉じ込められてしまう可能性があるのでかならず開けておく。




キッチン.jpg

コンロの周りに燃えやすい物を普段から置かないようにする。





汲み置き.jpg

断水したときの為に日頃から浴槽に水の汲み置きをしとく。




玄関.jpg

緊急地震速報がでたら逃げ道の確保のため玄関のドアを開ける。







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

モノクロ写真を加工してカラー写真をつくる(Photoshop CS) [Photoshop]

カラー写真をモノクロ写真にするにはグレーモードに変換するだけだから数分の作業でで出来ますが、もともとカラー情報の無いモノクロ写真をカラー写真にするのは難しいですよね。Adobe Photoshop の色調補正の「色相・彩度」と「チャンネルミキサー」を使うとある程度までカラー写真に近づけることが出来ました。


それでは、手元に時代を感じさせるモノクロ写真があったのでこれを加工したいと思います。ちなみに写真のロケ地は静岡県の御前崎、モデルはヤマちゃんです。

omaezaki01.jpg


まず、クイックマスクモードでモノクロ写真の肌の部分を塗りつぶします。(CMYKモード)

omaezaki02.jpg


クイックマスクモードから通常の作業モードに戻り選択範囲を反転します。
メニューバーからイメージ→色調補正→「色相・彩度」を選択して肌の色に近くなるように調整します。

omaezaki03.jpg


メニューバーからイメージ→色調補正→「チャンネルミキサー」を選択して微調整します。

omaezaki04.jpg


パンツと麦わら帽子にも同様の作業をして完成です。\(^o^)/

omaezaki08.jpg

モノクロ写真とくらべてみましょう。

omaezaki01.jpg

補足
スキャナーで読み込んだモノクロ写真のデータをCMYKモードに変換するとCMYKそれぞれに色が割当てられます。
これはチャンネルのウィンドウに表示されるので分かります。
グレーモードの写真データもCMYKモードに変換すると色のデータが割当てられます。
Kの色情報しか無いモノクロ写真データは色調補正できません。
グレーモードまたはRGBモードにしたあと再度CMYKモードにします。
この記事ではCMYKの色データを Photoshop の色調補正で調整する方法を紹介しました。
プロの方はもっと効率よくモノクロ写真をカラー写真にする方法をとってられるのだと思うけど今のシロのレベルだとここまでです。(ー_ー)!!


タグ:Photoshop
Photoshop ブログトップ