So-net無料ブログ作成

Shade3Dで苔玉をつくってみました。[Shade3D ver.17] [Shade]

Shade3D_haigokekinoko02.jpg
クリックで拡大表示できます。




Shade3Dで苔玉をつくってみました。
気味の悪い絵になってしまいましたが‥ m(._.)m

使用したツールは「サーフェスリプリケータ」です。
サーフェスリプリケータ01.jpg
サーフェスリプリケータで苔玉(球体)の表面に苔の形状の複製を数百個配置してあります。
しかし苔形状の実体は3個だけです。
他は全て実体のない分身なのです。
分身の術です。(^o^)/ 




サーフェスリプリケータを使用して気づいたことがありました。
大量に形状を複製配置すると動作が遅くなって作業がしづらくなりました。
これはブラウザでサーフェスリプリケターを非表示にすることで解消できました。(⌒-⌒; )
サーフェスリプリケータ03.jpg




Shade13あたりから搭載されてる機能ですが使う機会がありませんでした。
初めて使ったツールですがとても便利だと思います。
草原や麦畑などの表現は景観作成ソフトの「Vue」でつくっていましたが「Shade3D」内で全てつくれるような気がしてきました。






ご訪問ありがとうございました。

kokedama03.jpg




タグ: Shade3D
nice!(13) 
共通テーマ:趣味・カルチャー